将棋をもっと楽しく
親しみやすく
世界へ

株式会社ねこまど

お知らせ

期間限定販売♪ねこまど風呂敷+将棋駒クッキーセット

ねこまど風呂敷の新色入荷を記念して、「ねこまど風呂敷+将棋駒クッキーセット」を
期間限定で販売(1050円)いたします。発送は11/4限定になります。

詳しくはこちら→ねこまどshop

風呂敷はあずき色・紺・からし色の3色からお選びいただけます。
将棋駒クッキーは「王将」「玉将」の2個セットです。
見た目もかわいいですが、味もとってもおいしいです。
ボンボン・シエル~そらのおやつ~」というお菓子屋さんで作っていただきました!

 

ぜひこの機会にお買い求めください!

(スタッフ・秋葉)

花cafe(兵庫県西宮市)にて、ねこまどグッズ取り扱い開始!

10月20日より、兵庫県西宮市の「花cafe」(はなかふぇ)にて、ねこまどグッズの取り扱いがスタートしました!

花cafe
花cafeは阪急甲陽線・苦楽園口駅から徒歩5分ほど、夙川学院(中高&幼稚園)のすぐ西にあるカフェです。

花cafe
ギャラリーでは手作り作家さんの作品が展示販売されています。

花cafe
こちらはカフェ。そしてお花屋さんも併設。

花cafe
ギャラリーの中に、ねこまどもお邪魔しました。
どうぶつしょうぎ、風呂敷、どうぶつ缶バッジ、駒根付などを取り扱っております。
もちろん、駒doc.もあります。

ギャラリーで展示販売されている作品は雑貨、アクセサリー、服、絵画、陶芸など様々な分野があって決して飽きることはありません。
JRさくら夙川駅、阪急夙川駅も徒歩圏内ですので、ぜひお立ち寄りください。

大きな地図で見る

(諏訪景子)

ESSEN SPIEL'10にNEKOMADOブース出展

北尾です。

世界最大のゲーム祭ESSEN SPIELにて
「NEKOMADO」としてブースを出展。将棋を広めてます!!



外国人向け「デザインSHOGI」を作って下さった山本光夫さん(ギフトボックス)と、どうぶつしょうぎの相方の藤田麻衣子さん(ピエコデザイン)、そして55将棋のアレンジ「ダイヤモンドクエスト」の作成者である伊藤毅志先生(電通大)と一緒です。

明日から四日間の開催ですが、今日20日はプレスデーということでゲーム業界の方々が多数来場するため、実質今日からスタートする感じ。
がんばってきます☆

*細かなレポートは私個人のブログ「将棋の輪」をご覧ください。

(北尾まどか)

どうぶつしょうぎ、レンタルサービス開始

どうぶつしょうぎスタッフよりお知らせです。
小学校や児童館、地域の遊び場から
「みんなでどうぶつしょうぎを遊んでみたい」
「どうぶつしょうぎの大会を開きたい」
というリクエストをいただくことが増えてきました。

 いっぺんに揃えるのは大変。
 大会でみんなで一斉に対局したい。

そんなときにはぜひご活用ください!!

---------------------------------------------------------------------
【どうぶつしょうぎのレンタル価格表】
*送料別 2泊3日。

☆どうぶつしょうぎ(幻冬舎製 箱入り) 1セット 315円

☆8セット 2520円 

☆学校・大会用20セット(盤・駒のみ) 4200円
1クラス分の割引価格です!!



 ☆どうぶつしょうぎ大盤
 (講座用、マグネット式) 2100円


 販売に関しては【楽天】ねこまどshopへ。
http://www.rakuten.co.jp/nekomado/




---------------------------------------------------------------------
お申し込み、お問い合わせは info@dobutsushogi.netまで。
(お手数ですが@を半角に直して送信してください)

ねこまど将棋cafe 6th @宇都宮ポートホテル のお知らせ

☆今月の将棋カフェはホテルとのコラボ企画☆

10/27(水)、栃木県の宇都宮ポートホテルにて、第6回ねこまど将棋カフェを開催します。

宇都宮は東京駅から新幹線で50分。会場は駅のすぐそば、東口を降りてスグ!の
「宇都宮ポートホテル」です。
素敵な宿泊プランもあります。(こちらからどうぞ)
もちろん日帰り参加もOK。宇都宮→東京の終電は22時53分発です。


片上大輔六段
北尾まどか女流初段

○日時:2010年10月27日(水)18:30~20:00(受付18:00~)
ご都合の良い時間にお気軽にお越し下さい。
○会場:宇都宮ポートホテル 2F「SENSES(センス)」
栃木県宇都宮市東宿郷2-4-1(JR宇都宮東口徒歩3分)
○参加費:3000円(駐車場無料)
軽食ビュッフェスタイル&フリードリンク
※定員(40名)になり次第、締め切りさせて頂きますので、
10/25(月)午前中までにお申し込み下さい。

宇都宮ポートホテル
【お問合せ・事前申込み】
TEL.028-632-7777 FAX.028-632-0200
shogi_cafe@ishinhotels.com

将棋の秋

3連休、みなさんいかがお過ごしでしょうか?
あちこちでイベントが目白押し!

【3連休中にあるねこまどブース】
・高槻アートの森@大阪府高槻市(10、11日)
・バックギャモンフェスティバル@東京都渋谷区(9、10、11日)
・古町どんどんまつり@新潟県新潟市(10日)

全国各地でお祭りが!!
私はいまから新潟へいってきます。

そして!
21~24日のエッセン・シュピールにもねこまどブースを出展します♪
ドイツで行われる、世界最大のボードゲームの祭典。
将棋やどうぶつしょうぎの販売とインストを4日間行います。

将棋を世界に広めてきます!

(北尾まどか)

週刊文春に駒doc.フェスタ!!

「週刊文春」10月14日号(10/6発売)の先崎先生のコラム
「先ちゃんの浮いたり沈んだり」に駒doc.フェスタのことが書いてあります!!
ぜひぜひお読みください☆

ねこまどshopメルマガ発行

ねこまどshop店長の諏訪です。

このたび、ねこまどshopのメルマガを発行することになりました。
既に多くの方にご登録いただいておりましたが、大変お待たせいたしました。

商品紹介や、ちょっとしたコラムなどを掲載していきます。
創刊準備号は今晩発行予定です。
rakuten_nekomado.png
登録はねこまどshopトップページ右上の「めるまが」をクリック!

(諏訪景子)

王座戦第3局

片上です。
羽生王座の連勝続く王座戦。今期も2局とも危なげない内容で、19連覇・19連勝に王手をかけています。
どうしても記録にばかり目が行ってしまいますが、挑戦者の藤井九段に秘策はあるでしょうか?

以前お知らせしました通り、明日の第3局では大盤解説会を開催します。
4月にねこまど主催で行った「棋士×弁護士 読みくらべ」の裏話なども交えながら、皆さんと一緒に楽しいひとときを過ごしたいと思います。
入場無料ですので、ぜひご来場ください!

(片上大輔)

駒doc.秋号が完成!

駒doc.編集長の諏訪です。

秋号が完成しました!

秋号表紙

今回の表紙は動物園。
過ごしやすい秋に、お弁当とねこまど風呂敷を持ってピクニック。
そしてやわらかい陽の下で将棋なんぞいかがでしょう?

特集として、ついにどうぶつしょうぎを取り上げました。
ルール、これまでのあゆみを紹介。
「コマコレ!」など連載もどうぶつしょうぎ関連グッズを紹介しています。

もちろん「恋して!将棋カップル」は今回も読んでるこっちが照れちゃう内容ですし、「この手だれの手」はベールに包まれたあの棋士の素顔をちょっとだけはがしてしまいました。

秋号裏表紙

裏表紙の将棋回文は、初めて公募を行いました。
秋号にふさわしい月夜の情景が浮かぶようです。

発行から3号目。駒doc.を支えて下さるサポーターの輪が広がり、
おかげさまで、ページ数を24ページに、部数を12000部に増やすことができました。
ありがとうございます。

秋号はサポーターの皆様、広告出稿して下さった企業様には本日発送作業を行っております。
9月23日(祝)の駒doc.将棋フェスタin東京でも配布します!
また、今号も全国の紀伊國屋書店で配布を行っていただけることになりました。
その他配布場所は駒doc.ブログに随時掲載してまいります。
それでもなかなか手に入らないという方には、下記の要綱でお送りいたします。
発送作業は9月末または10月上旬になる見込みです。

送付をご希望される方は、「宛名を書いた用紙またはシール(※1)」「希望部数」「80円分の切手」を下記までお送りください。
3冊以上10冊まで承っておりますので、お知り合いの方にもお渡しくだされば幸いです。
なお配布は在庫がなくなり次第終了します。

宛先
〒160-0004 東京都新宿区四谷2-11-6 VARCA四谷 10階
(株)ねこまど 駒doc.編集部

(※1)宛名を書いた用紙またはシールは、3cm×5cm程度のサイズでお願いします。
  (送付時に使用します)
(※2)10冊以上の送付を希望される方は、「駒doc.サポーター」として
  ご協賛くださいますようお願いいたします。

その他ご不明な点がある方はinfo@komadoc.comまでお問い合わせください。


また、駒doc.を配布していただける店舗などを募集しております。
詳しくはinfo@komadoc.com(駒doc.編集部)までお問い合わせください。

(駒doc.編集長 諏訪景子)